ディープタウン奥出雲-deeptownokuizumoは島根県奥出雲のUIターン・田舎暮らし・移住・定住・転職の情報サイト

奥出雲町地域おこし協力隊

\奥出雲町地域おこし協力隊募集/

島根県奥出雲町では、平成31年度から活躍していただく地域おこし協力隊を募集しています。

奥出雲町では、「田舎で生きる」チャレンジ人材を求めています。3年間の任期を通じ、地域住民の皆さんとの交流を深め、町の資源を活かして「まちづくり」をする仕事を行いながら、ご自身の「奥出雲での暮らし」を実現していただきます。

この度、募集する協力隊員の業務は、町の課題を町職員や町民の皆さん、団体の方々と共に、ご自身のこれまでの経験を活かし奥出雲町の課題に個人事業主として当たっていただく「委託型」の隊員です。

隊員は希望により、起業・創業を実践的にサポートする「奥出雲仕事塾」の受講により専門アドバイザーの助言を受けることができます。

また、協力隊任期満了後に町内で起業する場合には起業支援補助金(1人当り上限100万円)を受けることができます。

自分の得意分野や関心のあることに取り組んでみたい方、

是非、奥出雲での暮らしと仕事にチャレンジしてみませんか?

皆様のご応募をお待ちしております。

募集チラシ

 

◎募集業務

■しごとづくりコーディネーター(1名)※平成30年度から従事可能

起業・創業支援施設「古民家オフィスみらいと奥出雲」でのコワーキング・シェアオフォスの管理運営、企業合宿コーディネート、WEB等での情報発信など

■JR木次線応援隊(1名)※平成31年4月から

日本の原風景とも言われる美しい景色を車窓から眺めながら、ローカル線を活用した利用客の増加を目指した活動。駅周辺の資源を活かしたイベント企画、乗降客の案内、沿線集落と協力した修景づくりなど地元住民と連携しJR木次線の魅力情報発信など

■ご縁の国ウエディングプランナー(1名)※平成31年4月から

古事記に書かれた「ヤマタノオロチ伝説」。スサノオノミコトとイナタヒメが恋に落ちた、日本で最も古い恋愛結婚の地である奥出雲町のイメージを活かし、奥出雲町の歴史や文化、景観等を活用した魅力的なブライダルプランの企画及び営業。

◎共通要件

(1)三大都市圏をはじめとする都市地域等(過疎・山村・離島・半島など条件不利地域に該当しない市町村)から奥出雲町に住民票を移し居住する方

(2)地域の住民と協力しながら活動に取り組める方

(3)任期満了後も引き続き奥出雲町への定住を目指す方

(4)普通自動車免許を有する方

(5)土日及び祝日のイベントや夜間の会議出席などに参加できる方

(6)町おこしや地域活性化に関心を持ち、意欲を持って取り組める方

(7)パソコン(ワード・エクセル・パワーポイント・メール・SNS等の基本操作)ができる方

 

◎条件・待遇

身分:雇用契約なしで個人事業主として活動

委託期間:平成31年4月1日~平成32年3月31日まで(実績に応じ最長3年間延長可)

委託料・活動費 

委託料:月額208,000円(従事状況に応じて支払います)

活動費:上限1,500,000円

※活動費は、補助要綱に基づいて申請・交付の手続きを行なう必要があります。雇用関係がありませんので、国民健康保険及び国民年金は自己加入となります。

◎応募方法

募集要項 地域おこし協力隊募集要項

《応募に必要な書類》
1 応募用紙
2 住民票
3 事業提案書

募集要項・応募用紙は上記からダウンロードしてください。
※別途「事業提案書」(様式は問いません)が以下の事項を記入してください。
 事業の概要 ①自身が提案実施されたい事業内容と活動費の収支計画
       ②事業実施によってもたらされる本町への貢献内容や効果など

《応募先・方法》 「奥出雲町役場地域づくり推進課」に郵送、または、持参して下さい。
《申し込み期限》 平成31年1月31日  必着
《スケジュール(予定)》

第1次選考 書類審査 2月上旬に結果を応募者全員に文書で通知します。
第2次選考 面接試験 2月中旬に奥出雲町役場仁多庁舎において面接試験を実施します。
           ※2次選考において事業提案プレゼンテーションをして頂きます。

*交通費等は個人負担とします。
*採用決定者には2月下旬に書面で通知します。

問い合わせ先

〒699-1592
島根県仁多郡奥出雲町三成358-1
奥出雲町役場 地域づくり推進課 

TEL 0854-54-2524
FAX 0854-54-0052
メールアドレス chiikidukuri@town.okuizumo.shimane.jp